井上オヤジ 武利君

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。

我輩は犬である。名前は「ハル」! マルチーズ犬である。
自分で言うのもなんだが、ものすごく男前の「犬」なのである。

今日は我輩のご主人、武利君を皆様にご紹介しよう。
武利君は昭和19年生まれのピカピカのオヤジである。
髪は薄いが、人情には厚い男で、何よりもその行動が面白い。
武利君の「お茶目」で、「面白い」伝説について少しだけ
お話ししよう。

あるときは、水虫の薬を目薬と思い込みさしてしまったり、
また、あるときは指を骨折していたのに一週間以上も気づかず
「指が腫れているから医者に行ってくる」と
出かけた医者で骨折が判明したり...。

そんな武利君は酒屋だからワインを造っている
フランスにお客様と出かける事もあった。
しかしそこでも珍エピソード。
一緒に行かれた方に聞いた話だが、
フランスの高速道路のPSでのこと。
日本から来た団体様は休憩中。
武利君もみんなと休憩中かと思えば、
見知らぬ地元のフランス人と談笑しているというではないか!!
武利君はコテコテの日本語(栗橋弁)しか話せない日本男児!!
言葉が通じないのに、エラく楽しそうに話していたそうだ。
(何について話していたかは武利君とフランス人しか知るよしも無し。)

家でも、夕食時に「今日は9時から洋画がやってんだ」
といってテレビを映画のチェンネルに合わせる武利君。
しばらく見ていると
「んっ?...この映画、前にテレビで見たなぁ」と
言い出すのである。
この発言は、武利君の奥様、弘子さん曰く、
「いつものこと」らしい。

でも、武利君。今晩の映画は「地上波初登場!」
テレビで流れるのは初めての映画だったのだよ!!
ミラクルー!!

そんな、楽しく、お茶目なオヤジ武利君。
我輩は武利君や優しい弘子さんと
幸せに暮らしているのである。

皆様も愉快な井上酒店に遊びにきて下さい。
我が輩や、井上オヤジに逢いにきてほしい。

どうぞ、お気軽にお問い合わせください!
お電話でのお問い合わせ 0480-(52)-0317
メールでのお問い合わせ Contact_form_but